厚生労働省では、毎年10月を「里親月間」
と位置づけ、里親等委託を推進するための
集中的な広報啓発を実施しています。

里親制度とは
里親制度は、何らかの事情により家庭での
養育が困難又は受けられなくなった子ども等に、
温かい愛情と正しい理解を持った家庭環境の
下での養育を提供するものであり、
社会的養護(公的な責任により養育する)
の重要な柱となる制度。
家庭での生活を通じて、子どもが成長する上で
極めて重要な特定の大人との愛着関係の中で
養育を行うことにより、子どもの健全な育成を図るもの。
 現在は、約5,900人の児童が
里親等(ファミリーホームを含む)に
委託されていますが、里親等委託率
は約16.5%となっています。