「小児救急電話相談事業 #8000」
のキャラクターがアンパンマンになります。
夜間や休日の小児の病気やけがに対して、
医療機関の受診をするべきかどうかの判断に
迷った保護者の相談を受ける窓口として、
平成16年度より開始され、平成22年度からは
全国47都道府県で実施されています。