創業融資を受けるポイント
1.自己資金
自己資金が多い人や担保を提供できる人のほうが
融資を受けられる可能性高いです。
自己資金とは、資本金、代表者及びその
親族からの借入金です。

2. 創業3ヶ月以内
日本政策金融公庫でも融資を受けやすいのは
創業3ヶ月以内です。
創業3ヶ月を経過して資金に困って融資を受けたい
と申請しても融資してもらえる可能性は低いです。

3.事業計画書・資金繰り表
事業計画書は根拠ある金額を記載する必要があります。
しかし、数値目標と合わせて「志」や将来性を
補足資料として表現することも重要です。