相続の放棄と限定承認

相続によって受け継ぐ財産には、
現金・預金・土地や株式などの
プラスの財産と、借入金や未払金
のようなマイナス財産があります。

資産より負債が多い場合や、
どちらが多いか判断できない
ような場合には、相続の開始を知った日
から3か月以内に家庭裁判所に手続きを
することによって、「相続の放棄」
「限定承認」という制度があります。

「相続の放棄」をするには、
他の相続人と足並を揃える必要はなく、
1人でもすることができます。
家庭裁判所が放棄を確認し、
相続の放棄が認められることになります。
しかし、相続税の基礎控除や非課税限度額
の計算の上では、法定相続人の数に入ります。

「限定承認」とは、相続財産として
資産も負債も引き継ぎますが、
借金の支払は相続財産を限度とする
というものです。この制度は被相続人
にどの程度の借金があるか分からない
場合にはメリットがあります。
相続人の全員が一致して行わなければ
ならないことと、相続の放棄に比べると
手続きが厄介なことなどが
デメリットです。

限定承認では、相続財産は、相続税評価額でなく、
被相続人が時価で売却したものとみなされます。
その譲渡による所得税は準確定申告で
納めることになりますが、
被相続人の債務として、相続財産の限度
で支払えばよいことになります。